引越し作業って大変ですよね・・・。
いざ荷造りを始めると、こんなにあるのかよっ!って言うくらいに荷物の山。
途中で挫折しそうになります。

引越しの荷物には色々ありますが、やはり大変なのは大型家具だとおもいます。
荷物自体が重いだけでなく、形が持ちにくかったり、運び出す通路についても考えなければいけません。
その代表格がベッドです。

ベッドを捨てて新調することも考えている人

引越し費用は距離の他、荷物量(容積)によっても上下します。
ベッドのように大型なものは場所を取りますから、引越し料金はどうしても上がってしまいます。
そこで選択肢として追い切って処分して、引越し先で新調するという方法もあります。

ただ、ベッドはあいよっと家のゴミ置き場に置くことはできません。
粗大ごみ扱いなので、無許可で放置すると罰則の対象になってしまいます。

処分するにはいくつか方法があります。

地方自治体に依頼をする

引越し前の自治体が管理する粗大ごみ受付センターに処分をお願いする方法です。
電話でもインターネットからでも申し込むことができます。各自治体のホームページから申し込めます。
申し込んだ後に、指定のごみ処理券を購入し、名前を記入。指定日にベッドに券を貼り付けて出すという感じです。
ゴミ処理券は取り扱っているスーパーや商店から購入可能です。
金額はベッドの種類や自治体によって違いますが900~1800円くらいが相場です。

粗大ごみ処理業者に頼む

粗大ごみを集めている民間企業にお願いする方法です。
こちらはエリアによって企業が変わるため、ご自身で検索する必要があります。
タダで引き取ってくれるところもあります。

引越し業者に処理をお願いする

引越し業者の中にはオプションとして不用品回収をしてくれるところもあります。
追加料金は取られますが、引越しと処分を同日、1回の手続きだけで済ませられるので、
一番簡単な方法です。

ベッドは新居に持ち込みたい!という人は?

新居に運ぶ場合、自分でやるか、引越し業者にお願いするかの2つの方法がありますが、
やはりベッドは基本引越し業者にお願いするべきでしょう。
重さや形の持ちにくさがあるので、素人では危険です。
荷物の破損ならまだしも、運んでいる際に住居の建物を傷つける恐れもあります。
収納付ベッドやソファベッド、ロフト型ベッドなどそのままの形では通路やエレベーターが狭くて運べず、分解・解体、組み立て作業も必要になるでしょう。

そして意外に忘れてはいけないのがマットレスです。
折り畳み式ならまだしもスプリングが入ったようなマットレスは持ち運ぶのにかなり苦労します。
自分にやるにしてもしっかりと養生し、これらの手間を考える必要があるでしょう。

引越し業者にお願いする場合、ベッドの梱包、養生はプロがやってくれるので安心です。
分解や組み立ては業者によってはオプション料金になりますが、物を破損しないよう丁寧にやってくれるのら払う価値はあるでしょう。

折り畳みベッドなど比較的スペースを取らないタイプでも、
構造が脆いので引越し業者にお願いするほうが、壊れるリスクが少なくて済みます。

引越し業者によってベッドの引越し料金はまちまち!

ベッドの引越し料金は大きさや種類によっても違いますし、業者によってバラバラです。
分解・組立がオプションか基本料金に含まれているのか?でも変わってきます。

なので大きさやベッドのタイプをまとめ、引越し業者に予め連絡したほうが良いでしょう。
そこでざっくりとした見積もり金額がわかるはずです。

安く抑えるなら複数業者に見積もるのが大切!

引っ越し業界の基本ですが、最初の見積金額は高く提示されることがほとんどです。
値引き交渉されることを予想して、ある程度高めに設定しているのです。
なので、最初に出されてた見積もり金額を素直に信じてしまうのは少々勿体ないです。

そこで複数の業者に相見積をすることをおすすめします。
料金を比較できるので、一番安いところを探したり、すでにお気に入りの業者があったとしても、
他社はこれだけ安いんだけど・・・と値引き交渉の材料にすることもできます。

他の荷物の荷造りも計画的におこなおう!

ベッドやマットレスの引越し以外にも、実際に荷造りをしようとすると大変なものが沢山あります。
例えば、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、パソコンデスク、タンス、テーブルなどなど・・・。
特にガラス製や家電製品は振動に弱いですから、しっかりと丁寧な梱包が必要になります。

また小物であっても塵が積もると重くなるといいましょうか、持ち運ぶ時に重い!持てない!と、
なってしまう荷物もあるので注意しましょう。
例えば本です。1冊1冊は対して重くなくても、ダンボールに詰め込みやすいのでついつい沢山入れてしまい、
いざ持とうとすると重い!底が抜けて本が散乱・・・では洒落になりませんね。

こうした事態にならないためにも荷造りは早めに行うことが大切です。
こうした荷造りが難しい荷物はプロの引越し業者にお願いしましょう。
自分でやるよりも資材費も時間も労力も少なくてすみます。